jeisys
研究開発

backPage

研究開発

Jeisys Medicalでは、
研究開発において自社より最大20%の割合で投資を行っています。

弊社はIPLのリーディング企業として市場シェアをリードし続けており、新技術を開発し確保するために投資額を毎年増やしています。これらの努力によって、弊社は美容医療業界において他のいかなる企業も続くことができない、世界に通用するコアテクノロジーを保有しています。

Jeisysのコアテクノロジー

1. ATC™(自動温度制御)技術の開発
2005年に特許権を取得。
IPLによる処置を行う時、自動温度制御技術によって常に皮膚が火傷をするよりも低い温度が維持されることで副作用を防止しています。

2. 絶縁加工したフラクショナルマイクロニードルの初の世界的大量生産

2012年に特許権を取得。
RFエネルギーの放出を防ぐことで表皮を保護し、エネルギーを標的エリアにのみに当てるため、ニードルは先端から0.3mmを除いてコーティングしています。この技術は、弊社製品で安定した売れ行きをみせているINTRAcelに使用しています。

INTRAcelはフラクショナルマイクロニードル技術を使った主力製品であり、ヨーロッパ市場の市場シェアを大きく獲得しています。ヨーロッパのユーザーは特にこの技術に引き付けられており、既存の医学界の研究結果よりもさらに多様で徹底的な研究結果を世に送り出し、既存の機器の様々な手順、手順のパラメータ、治療方法、および効果をシェアするため、弊社はINTRAcel研究センターを英国マンチェスターに設立しました。

3. 美容機器に脱気システムを搭載

弊社は世界で初めて照射エネルギーの逸脱を防止する脱気システムを美容機器に搭載し、これによって高エネルギーを使用することができるようになり、機器のライフサイクルを長い期間にわたって維持することが可能となりました。

4. 世界で唯一の、皮膚温度を5℃に維持する技術を搭載した美容HIFU機器

LIPOcelは接触冷却システムを美容HIFU機器と組み合わせた世界で唯一の装置であり、処置が行われる間は皮膚の接触表面温度を5℃に維持します。

この技術によって、効果を高めるために麻酔を使わず高エネルギーを使用すること、および火傷などの副作用を防ぎ表皮を保護することが可能となりました。